TOP >革製品のお手入れ方法

革製品のお手入れ方法

色褪せや汚れを防ごう

様々な革製品

革製品をお持ちの方はお手入れをされていますか。革製品は使えば使うほど味が出てくるといいますが、お手入れをしなくてもいいというわけではありません。

革製品は水や摩擦などの刺激には弱いので、濡らしたり乱暴に扱うとシミや色が褪せてしまいます。定期的にお手入れを行うからこそ物持ちがよくなるのです。

できれば使用される前に革製品をお手入れされると色褪せや汚れを防ぐことができます。

お手入れ方法

そこでこちらでは、レザーウォレットやレザーバッグなどの革製品のお手入れ方法についてお教えいたします。

使い始める前のケア

まずは、使い始める前のケアです。

購入したばかりの革製品はキレイな状態だと思いますが、油分も少なく堅さも今ひとつです。外部からダメージを受けやすい状態になるので使いはじめる前にクリームで革を保護しましょう。

クロスに革用の保革クリームというものを少々使い、お財布全体に塗り広げます。クリームがうまく塗れないときは目立たない内側部分の方から塗っていって調整するとうまくいきます。

クリームを塗った後は乾かしてキレイな布で乾拭きするといいでしょう。

革製品用の消しゴムで

事前にケアしても毎日レザーウォレットを持ち歩いていると黒ずみやシミなどの汚れがないとは限りません。ボタンの周辺が黒ずんでいたり、四隅部分が汚れているなら消しゴムで汚れを落とすことも可能になります。

消しゴムといっても革製品用の消しゴムです。専門店で売っていますが、自宅に新品の白くてやわらかめの消しゴムがあれば代用できます。気になる部分に撫でるようにすると汚れが消えます。強くしないことがポイントになります。

ダメージを与えないために

もしも雨で革製品が濡れてしまった場合は、乾いた布で濡れた部分を拭き取ることが重要です。レザーウォレットをはじめとした革製品には水が天敵になるからです。濡れたままにしていると劣化を早めてしまいます。

そのため、乾拭きしたあとは陰干しをしてあげてください。太陽光に直接当てて乾燥させたり、ドライヤーを使うとダメージを与えるため、使用しないようにしましょう。


革製品を長持ちさせたい方は、これらのお手入れ方法を試して下さい。



About the owner

うっちゃん ニコニコ!!

機械を使わず全て手作業(ハンドメイド)で、一針入魂の気持ちで愛情を込めて作ります。

Blog

Mobile